産後うつ 対策

産後うつ対策はコチラ

10ヶ月の妊娠期間の後、出産を終え育児が始まると
今までの生活とは大きく変わります。

 

産後うつ

 

数時間おきの
  • 授乳
  • 夜泣き
  • 慣れない育児

 

で疲れがたまり十分な睡眠時間も取れません。

 

それに加え旦那さんが育児に積極的でなかったり
義両親との付き合いなど不満や怒りが積み重なり自分でも築かないうちに
産後うつになってしまうことがあります。

 

産後うつになるのはホルモンと疲れが主な原因です。

 

出産時に胎盤と一緒にホルモンが出てしまうため
体の中のホルモンバランスが急激に崩れてしまいます。

 

産後うつ

 

このホルモンバランスの変化が自律神経に影響を及ぼし
産後うつの症状が現れるといわれています。

 

産後うつの症状としては,突然悲しくなり涙が出たり
イライラしたり、急に不安感に襲われたりします。

 

また普段は気にならないささいなことにイライラしたり、
家事などがうまく出来なくなります。
産後うつは、心と体が悲鳴をあげている状態です。

 

産後うつは長期間続くとうつ病になることもあるので注意が必要です。
そこで今回は産後うつの対策方法をご紹介します。

 

対策1.保健師・助産師さんに相談しましょう

 

助産師

 

やはり、専門家に相談することでかなり安心感を得る事が出来ます。

 

対策2.がんばりすぎない

 

産後うつ対策

 

産後うつはまじめで責任感が強い人がなりやすいと言われています。
うまくいかない事を全て自分の責任と感じ、育児も家事も1人で
抱え込んでは心も体もボロボロになってしまいます。

 

心が折れそうになったら、遠慮せずに助けてもらいましょう。
子供は、お母さんが完璧に育児をしなくてもすくすくと育つものですよ。

 

対策3.旦那に産後うつという病気があるという事を理解してもらう

 

産後うつ対策

 

妊娠、出産を経験した女性と違い男性はいきなり父親にあるため
育児の大変さをなかなかわかってもらえない事もあります。

 

旦那さんに、産後うつを理解してもらう事で安心感も得られます。

 

ネットなどのマタニティサイトなどを閲覧して、
同じような症状に悩んでいる人が多くいる事がわかるだけでも気分が軽くなることもあります。

 

対策4.少しの時間でも休養を取る

 

睡眠

 

赤ちゃんが寝た少しの時間、
旦那さんが赤ちゃんをお世話してくれている時間など
短時間でも体と心を休めましょう。

 

仮眠したりスイーツを食べたり誰かに育児の愚痴を聞いてもらったり
心と体のリフレッシュはとても大切です。

 

このような対策で産後うつを乗り切りましょう。
ただし、対策をしても体調が良くならない場合は心療内科、精神科を受診しましょう。

 

以上で産後うつ対策についての解説を終わります。

 

イライラ妊婦に、帝王切開、そして産後うつにもなった著者がつづる
子育て体験記はこちらです
産後うつママの子育て体験記 やっぱり子育ては楽しい!【電子書籍】[ ささきまど ]

 

こちらも参考に!⇒産後うつとは?

 

スポンサードリンク

関連ページ

産後うつとは?
産後うつとはどんな病気を指すのでしょうか?わかりやすく解説しました。

トップ 目次 症状 克服する方法 お薬