パニック障害 血圧

パニック障害が起こると血圧は上がる?下がる?

100人の目の前であなた1人だけで演説するとしたらものすごく緊張してしまうでしょう。

 

演説でパニック障害

 

それだけでなく、「度忘れしてしまったらどうしよう」
「笑われたりしないかな」
とものすごく不安や焦りを感じてしまうかもしれません。

 

そんな不安や焦りがあると息苦しきなったり
目の前が真っ暗になったり冷や汗をかいたりといろんな症状が出てくることがあります。

 

こういった症状が突然現れる病気をパニック障害といいます。

 

パニック障害の症状には3つの特徴(症候)があります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
パニック障害とは?

 

話は戻ってここではパニック障害と血圧の関係について解説します。

 

 

パニック障害が起こると血圧はどうなる?

 

パニック障害で血圧が上がる

 

結論からしますとパニック障害が起こると
血圧が急上昇する場合もあれば血圧が急降下する場合もあります。

 

パニック障害によって血圧はいずれにしても急激に上がったりあるいは下がったりするわけです。
血圧は精神状態で上がったり下がったりします。

 

強盗

 

ナイフを持った危険人物に襲われると激しい緊張感から血圧は上がります。

 

血圧が上がるというのは走って逃げたり
あるいは相手と戦うために体が準備しているのです。

 

これに対して血圧が下がるというのは通常リラックスしているときに起こります。

 

「じゃ、どうしてパニック障害になると血圧が急降下することがあるの?
ものすごく緊張しているんですよ!?」と疑問に感じた方もいるでしょう。

 

あまりに激しい緊張があって倒れそうなレベルになると
今度は虚脱状態といって体の力が抜けて、血圧が急降下してしまうのです。

 

ですからパニック障害によってリラックスしたから血圧が急降下するわけではありません。

 

こちらも参考に!⇒パニック症候群の治し方

 

パニック障害が起こると血圧は上がる?下がる?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スポンサードリンク

関連ページ

パニック障害になりやすい人の特徴とは?
パニック障害になりやすい人の特徴についてわかりやすく解説しました。
パニック障害で使うリフレックスという薬の特徴は?
パニック障害で使うリフレックスという薬の特徴についてわかりやすく解説しました。
パニック障害の薬とお酒を同時に飲んでも大丈夫?
パニック障害の薬とお酒を同時に飲んでも大丈夫なのでしょうか?わかりやすく解説しました。
子供のパニック症候群の特徴は?
子供のパニック症候群の特徴についてわかりやすく解説しました。
パニック症候群の治し方
パニック症候群の治し方に関してわかりやすく解説しました。
パニック症候群の原因は?
パニック症候群の原因についてわかりやすく解説しました。
迷惑な同僚のせいで仕事中にパニック障害!対処法は?
迷惑な同僚のせいで仕事中にパニック障害を発症した場合にとるべき対処法をわかりやすく解説しました。
パニック障害の薬『リーゼ』の特徴は?
パニック障害の薬『リーゼ』の特徴についてわかりやすく解説しました。
パニック障害で使うレクサプロというお薬の特徴は?
パニック障害で使うレクサプロというお薬の特徴についてわかりやすく解説しました。
パニック障害とうつ病の違いは?
パニック障害とうつ病の違いについてわかりやすく解説しました。
パニック障害とは?
パニック障害とは?どんな病気でしょうか?わかりやすく解説しました。
なぜパニック障害になると叫ぶという症状がでることがあるの?
なぜパニック障害になると叫ぶという症状がでることがあるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
コーヒーを飲むとパニック障害の症状はどうなる?
コーヒーを飲むとパニック障害の症状はどうなるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
パニック障害の3つの対処法とは?
パニック障害の3つの対処法についてわかりやすく解説しました。
恋愛はパニック障害の原因?
恋愛はパニック障害の原因になるのでしょうか?わかりやすく解説しました。

トップ 目次 症状 克服する方法 お薬