パニック障害 薬 リーゼ

パニック障害の薬『リーゼ』の特徴は?

パニック障害の薬『リーゼ』の特徴についてわかりやすく解説します。

 

リーゼ

 

『リーゼ』は不安感を取り除く抗不安剤です。
抗不安薬は不安・緊張・抑鬱を緩和させる作用があります。
緊張をほぐしてリラックスした気持ちにさせて睡眠を招いてくれる薬効もあります。

 

パニック障害の原因は分かっていません。
脳内の神経伝達物質であるセロトニンとノルアドレナリンのバランスの乱れ
が関連していると考えられています。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
パニック症候群の原因は?

 

パニック障害 解説医師

 

パニック障害で処方される抗不安薬は
バランスが乱れている神経伝達物質の働きを助け症状の緩和を導きます。

 

パニック障害の治療はうつ病と同じように薬物療法が中心です。
パニック障害に多く処方されている『リーゼ』の特徴を調べていきましょう

 

パニック障害でよく利用されるリーゼというお薬について

 

リーゼ

 

パニック障害で処方されている『リーゼ』は、抗不安剤の中でもとても弱い分類の薬です。
『リーゼ』というお薬は不安・抑鬱・緊張・睡眠障害などの軽度の症状の人に効果があります。

 

肩こり・頭痛・めまい・食欲不振などの症状にも効き目が期待できます。
一回の薬の作用時間は6時間ですので服用は一日3回、服用します。

 

このように身体に穏やかに効く薬なので副作用に苦しむことも少なく安全性が高い薬です。

 

薬が強く効き過ぎて副作用に苦しむことは普通ありません。
薬は個人差があり合う合わないがありますが、
『リーゼ』は穏やかに効くので薬への依存になりにくい特徴があります。

 

リーゼ

 

しかし穏やかではありますがリーゼには即効性があります。
精神状態が悪すぎるときにリーゼを服用することで
調子がすぐによくなる可能性が高いということです。

 

『リーゼ』は40年近く使用されている良薬です。
最弱クラスと言われていますがその分身体にはとても優しい安心して飲める薬です。

 

パニック障害でお悩みならこの本を読んでみてはいかがでしょう。
パニック障害の治し方がわかる本最新版 [ 山田和男 ]

 

こちらも参考に!⇒パニック障害の薬とお酒を同時に飲んでも大丈夫?

 

スポンサードリンク

関連ページ

パニック障害になりやすい人の特徴とは?
パニック障害になりやすい人の特徴についてわかりやすく解説しました。
パニック障害で使うリフレックスという薬の特徴は?
パニック障害で使うリフレックスという薬の特徴についてわかりやすく解説しました。
パニック障害の薬とお酒を同時に飲んでも大丈夫?
パニック障害の薬とお酒を同時に飲んでも大丈夫なのでしょうか?わかりやすく解説しました。
子供のパニック症候群の特徴は?
子供のパニック症候群の特徴についてわかりやすく解説しました。
パニック症候群の治し方
パニック症候群の治し方に関してわかりやすく解説しました。
パニック症候群の原因は?
パニック症候群の原因についてわかりやすく解説しました。
迷惑な同僚のせいで仕事中にパニック障害!対処法は?
迷惑な同僚のせいで仕事中にパニック障害を発症した場合にとるべき対処法をわかりやすく解説しました。
パニック障害で使うレクサプロというお薬の特徴は?
パニック障害で使うレクサプロというお薬の特徴についてわかりやすく解説しました。
パニック障害とうつ病の違いは?
パニック障害とうつ病の違いについてわかりやすく解説しました。
パニック障害とは?
パニック障害とは?どんな病気でしょうか?わかりやすく解説しました。
パニック障害が起こると血圧は上がる?下がる?
パニック障害が起こると血圧は上がるのでしょうか?それとも下がるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
なぜパニック障害になると叫ぶという症状がでることがあるの?
なぜパニック障害になると叫ぶという症状がでることがあるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
コーヒーを飲むとパニック障害の症状はどうなる?
コーヒーを飲むとパニック障害の症状はどうなるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
パニック障害の3つの対処法とは?
パニック障害の3つの対処法についてわかりやすく解説しました。
恋愛はパニック障害の原因?
恋愛はパニック障害の原因になるのでしょうか?わかりやすく解説しました。

トップ 目次 症状 克服する方法 お薬