パニック症候群 原因

パニック症候群の原因は?

パニック症候群はいきなり起こります。
何の前触れもなく、強い不安に襲われながら心臓の鼓動がバクバクします。

 

パニック障害

 

また呼吸ができないような感覚に襲われます。

 

上記のようなパニック症候群のつらい症状は10分もかからないくらいに
最大になり、それから1時間以内に治まることが多いです。

 

パニック症候群の症状が続いているときには
「もしかして死ぬかもしれない・・・」という恐怖に襲われるものの
いざ病院を受診した時には症状が改善しています。

 

そのためお医者さんは「本当に発作が起きたんですか?」
と首をかしげることもあります。

 

この記事ではパニック症候群の原因について解説します。

 

パニック症候群の原因

 

パニック症候群 原因

 

パニック症候群の原因は、はっきりとはわかっていません。
ただ、いろんな説があります。

 

たとえばノルアドレナリン仮説があります。

 

ノルアドレナリンは脳の中に分泌される物質です。
たとえば目の前にナイフを持ったお姉さんが追いかけてきたら私たちは危険を感じます。

 

ナイフを持った女性

 

この時には、脳内ではノルアドレナリンが分泌され、大脳辺縁系に伝えられ
「このままでは危ない!」と恐怖を感じて
逃げたり反撃したりして自分の身を守ろうとするのです。

 

パニック症候群の患者さんはノルアドレナリンが過剰に分泌されると考えられています。

 

そのため、同じ危険でも健常者よりもパニック症候群の患者さんの方が
より多くのノルアドレナリンが分泌されるために恐怖が増大してしまうのです。

 

その結果、パニック症候群の症状が起こるわけです。

 

他にもパニック症候群は
  • うつ病
  • アルコール依存症

 

の患者さんほど起こりやすいと言われています。

 

ですからうつ病やアルコール依存症もパニック症候群の原因と言えそうです。

 

以上でパニック症候群の原因についての解説を終わります。

 

パニック障害でお悩みならこの本を読んでみてはいかがでしょう。
パニック障害なんてこわくない! “ドキドキ”をコントロールするガイドブック / ベヴ・エイズ

 

こちらも参考に!⇒パニック症候群の治し方

 

スポンサードリンク

関連ページ

パニック障害になりやすい人の特徴とは?
パニック障害になりやすい人の特徴についてわかりやすく解説しました。
パニック障害で使うリフレックスという薬の特徴は?
パニック障害で使うリフレックスという薬の特徴についてわかりやすく解説しました。
パニック障害の薬とお酒を同時に飲んでも大丈夫?
パニック障害の薬とお酒を同時に飲んでも大丈夫なのでしょうか?わかりやすく解説しました。
子供のパニック症候群の特徴は?
子供のパニック症候群の特徴についてわかりやすく解説しました。
パニック症候群の治し方
パニック症候群の治し方に関してわかりやすく解説しました。
迷惑な同僚のせいで仕事中にパニック障害!対処法は?
迷惑な同僚のせいで仕事中にパニック障害を発症した場合にとるべき対処法をわかりやすく解説しました。
パニック障害の薬『リーゼ』の特徴は?
パニック障害の薬『リーゼ』の特徴についてわかりやすく解説しました。
パニック障害で使うレクサプロというお薬の特徴は?
パニック障害で使うレクサプロというお薬の特徴についてわかりやすく解説しました。
パニック障害とうつ病の違いは?
パニック障害とうつ病の違いについてわかりやすく解説しました。
パニック障害とは?
パニック障害とは?どんな病気でしょうか?わかりやすく解説しました。
パニック障害が起こると血圧は上がる?下がる?
パニック障害が起こると血圧は上がるのでしょうか?それとも下がるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
なぜパニック障害になると叫ぶという症状がでることがあるの?
なぜパニック障害になると叫ぶという症状がでることがあるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
コーヒーを飲むとパニック障害の症状はどうなる?
コーヒーを飲むとパニック障害の症状はどうなるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
パニック障害の3つの対処法とは?
パニック障害の3つの対処法についてわかりやすく解説しました。
恋愛はパニック障害の原因?
恋愛はパニック障害の原因になるのでしょうか?わかりやすく解説しました。

トップ 目次 症状 克服する方法 お薬