うつ病 痛み 治療 薬

痛みを伴う「うつ病」の治療薬は?

うつ病は気持ちが滅入って落ち込みやすくなるだけではありません。
うつ病を発症すると60%の確率で何に対しても痛みが増すことがあります。

 

頭痛や腹痛ががうつ病になる前よりひどくなったりするのです。

 

うつ病による痛み

 

当然、痛みが出る原因はうつ病なので
頭痛外来や内科で検査してもらっても何の異常も出ません。

 

ですが、うつ病の治療薬を飲むと頭痛が改善することがあるのです。
偏頭痛にも効くうつ病のお薬とは?

 

 

なぜうつ病になると痛みを感じやすくなるのでしょう?

 

完全にはわかっていません。ですが、
「脳内で分泌されるモノアミンという物質の量が少なくなることで
痛みをきつく感じるようになるのではないか?」と考えられているのです。

 

モノアミンには
  • セロトニン
  • ノルアドレナリン
  • ドーパミン

 

があります。

 

うつ病はモノアミンの量が少なくなることで起こる病気です。
モノアミンの量が少なくなると気持ちが滅入りやすくなるからです。

 

モノアミンは他にも痛みを抑える神経に作用しています。
つまり、モノアミンが不足すると痛みを抑えることができなくなるわけです。

 

その結果、痛みを感じやすくなり頭痛や腹痛がひどくなるのです。

 

 

「じゃ、うつ病による痛みってどうやって治療するの?」と疑問に感じている方もいるでしょう。

 

痛みについて解説する医師

 

『痛みの治療=うつ病の治療』です。

 

つまり、うつ病を治す方法がそのまま痛みをなくす方法につながります。
そしてうつ病は脳内で不足しているモノアミンを増やす治療をします。

 

まずジョギングやウォーキングなど、
体を動かすことでモノアミンは分泌されます。

 

「え、体が痛いのに運動してもいいの?」と不思議に感じる方もいるでしょう。
ですが、体が痛いと言っても骨折をしているとか肉離れを起こしているわけではありません。
だから、体に痛みがあったとしても運動しても大丈夫です。

 

心配な方は専門医と相談してください。

 

あとはうつ病の治療薬を飲むことも大事です

 

モノアミンの中でも特にノルアドレナリンが痛みを抑えるのに重要です。
だからノルアドレナリンを増やせる治療薬をかかりつけの先生に処方してもらいましょう。

 

ノルアドレナリンを増やせるお薬はSNRIと言います。
SNRIはセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬の略です。

 

再取り込み阻害薬というのはややこしい表現ですね。

 

セロトニンやノルアドレナリンは脳内に分泌されても
余った分に関しては再度取り込まれて消えるのです。これを再取り込みといいます。

 

再取り込み阻害薬ということですから
セロトニンやノルアドレナリンが再度取り込まれるのを邪魔する
つまり、セロトニンやノルアドレナリンの量を増やすお薬です。

 

したがってSNRIはモノアミンの中でもセロトニンとノルアドレナリンの量を増やす作用があります。

 

SNRIには

  • サインバルタ
  • トレドミン

 

の2種類の治療薬があります。

 

痛みについて解説する医師

 

サインバルタもトレドミンもうつ病の治療だけでなく痛みの治療にも有効な治療薬です。
もしサインバルタやトレドミンといったSNRIでも痛みを抑えきれない場合には、
三環系抗うつ剤が処方されます。

 

三環系抗うつ剤は古いタイプの抗うつ剤です。
ただ、ノルアドレナリンを増やす作用があります。

 

三環系抗うつ剤には

  • トフラニール
  • ノリトレン

 

が有名です。

 

トフラニールやノリトレンはノルアドレナリンを増やす作用に優れた治療薬です。
これらのうつ病の治療薬は痛みやうつ症状の治療に非常に優れたお薬です。

 

ただ、お薬の飲みすぎは禁物です。
なぜなら、アカシジアというとてもつらい副作用が起こる可能性があるからです。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

アカシジアとは?どんなつらい症状がでるの?

 

 

 

だからできるだけお薬に頼らずに体をリラックスさせる方法を考えていくようにしましょう。
こちらのサプリメントは初回購入なら50%オフです

 



 

>>うつ・不眠でお悩みなら。全く新しいサプリ【セロトアルファ】

 

スポンサードリンク

関連ページ

早朝覚醒対策
つらい早朝覚醒を改善するための3つの対策についてわかりやすく解説しました。
セロトニン増やすサプリとは?
セロトニンを増やすサプリメントを飲んでうつとサヨウナラしましょう。おすすめのサプリメントをご紹介します。
ラフマ葉の3つの効能
ラフマ葉には3つの効能があります。そのことについて詳しく解説しました。
腸内のセロトニン増やすと?
腸内のセロトニンを増やすとうつ病が改善できるのか?わかりやすく解説しました。
プチうつ克服!5つの対処法
プチうつだと感じたときに行うべき5つの対処法についてわかりやすく解説しました。
冬季うつの治療法
冬季うつと診断された場合の治療法についてわかりやすく解説しました。
キスでセロトニンは増える?
キスをするとセロトニンの量は増えるのでしょうか、それとも減るのでしょうか?うつ病克服に大事なセロトニンの観点からキスを検証してみました。
グリシンは早朝覚醒にいいの?
早朝覚醒のあなたでもグリシンでを服用することで安眠することができるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
産後うつの3つの治療法
産後うつはを治したいですか?だったら次の3つの治療法から選んでください。それだけで産後うつは少しずつよくなっていくことでしょう。
産後うつは治らない!?
産後うつが治らない!と悩んでいる方に産後うつを治すための大事な考え方をお伝えします。
冬季うつにビタミンDが有効?
冬季うつの改善にはビタミンDが有効です。なぜビタミンDが冬季うつに有効なのでしょうか?わかりやすく解説しました。
途中覚醒が改善しない原因
なぜあなたは途中覚醒が改善しないのでしょうか?それには5つの原因があります。この記事では途中覚醒が改善しない5つの原因をご紹介しています。
冬季うつ改善に役立つ食事は?
冬季うつの改善に役立つ食事をご紹介します。この記事を読んだうえで実践していただければ、冬季うつの症状がだいぶ楽になってくるはずです。ぜひご覧ください。
産後うつの治療はどうする?
産後うつだとわかったらどんな治療を受けることになるのか?わかりやすく解説しました。
うつでも仕事を続ける対処法
うつでも仕事を続けるための3つの対処法について解説します。
うつ病でイライラする場合の対処法
うつ病が原因でイライラする場合、どのように対処すればよいのでしょうか?わかりやすく解説しました。
散歩した方がよい3つの理由
うつ病でも散歩した方がよい3つの理由についてわかりやすく解説しました。
うつ病改善になる気分転換とは?
うつ病改善になる気分転換についてわかりやすく解説しました。
うつ病で倦怠感を感じる原因と解消法
うつ病で倦怠感を感じる原因と解消法についてわかりやすく解説しました。
筋トレをした方が良い理由とは?
うつ病で苦しい時ほど筋トレをした方がよい理由についてわかりやすく解説しました。
タバコはうつ病改善になるの?
タバコはうつ病改善につながるって本当の話でしょうか?わかりやすく解説しました。
スポーツをした方がよいの?
うつ病がひどくてもスポーツをした方がよいのでしょうか?わかりやすく解説しました。
うつ病改善に糖質はどう?
うつ病改善に糖質を摂るべきでしょうか、それともやめるべきでしょうか?わかりやすく解説しました。
産後うつは何科を受診すればいい?
産後うつかも?と思ったら、何科を受診すればよいのでしょうか?わかりやすく解説しました。
産後うつの改善に保育園通園はどう?
産後うつ改善のために保育園に入園させるのはアリなのでしょうか?わかりやすく解説しました。

トップ 目次 症状 克服する方法 お薬