強迫性障害 原因 遺伝

遺伝が強迫性障害の原因になることってあるの?

強迫性障害 原因 遺伝

 

強迫性障害の原因はいろいろあります。

 

  • 本人の性格
  • 精神状態
  • 肉体の状態
  • 生活環境
  • 家族

 

などなどいろんな原因で強迫性障害が発症してしまうんです。

 

パニック

 

たとえば「エボラ出血熱が大流行して死者がでた」というニュースを見ただけで、
不安が増大してしまい、他人に近づくのを過度に恐れたり
洗濯も念入りにするようになる方もいます。

 

では強迫性障害の原因に遺伝は考えられるのでしょうか?

 

強迫性障害の原因に遺伝はあるの?

 

強迫性障害の原因は遺伝

 

遺伝は強迫性障害の原因の一つです。
特に大人になる前までに強迫性障害が発症した場合
遺伝が原因である可能性が高いと考えられています。

 

親族の誰かに強迫性障害の患者さんがいる場合と
親族のだれにも強迫性障害の患者さんがいない場合と比べた研究結果があります。

 

結果、親族の誰かに強迫性障害の患者さんがいる場合には
そうでない場合よりも2倍、発症する確率が上がります。

 

親族ほど強迫性障害になりやすい

 

ちなみに親族とは自分の両親、自分の子供、兄弟姉妹のことです。
つまり、直接の血のつながりがある人のことを親族と言います。

 

そういった意味では旦那さんと奥さんは
ここでいう親族の定義には当てはまりません。

 

これはどう考えても遺伝が関係しているといえるでしょう。

 

最後にまとめますと遺伝は強迫性障害の原因になります。
ただ、遺伝は強迫性障害の原因のすべてではありません。

 

他にもストレスや親の教育など
様々な原因で強迫性障害になります。

 

もっと強迫性障害について知りたい方は
こちらの書籍をおすすめします。
強迫性障害のすべてがわかる本 [ 原田誠一 ]

 

こちらも参考に!⇒予期不安とは?パニック障害との関連性

 

スポンサードリンク

関連ページ

強迫性障害とはどんな症状のでる病気なの?
強迫性障害とはどんな症状のでる病気なのでしょうか?わかりやすく解説しました。
ストレスは強迫性障害の原因になるの?
ストレスは強迫性障害の原因になるのでしょうか?わかりやすく解説しました。

トップ 目次 症状 克服する方法 お薬