気分障害 治療法

気分障害の治療法

気分障害 治療法

 

ここでは気分障害の治療法について解説します。

 

気分障害は『気分』『障害』ですから
高まる気分の障害でもあり、沈む気分の障害でもあるわけです。

 

だからうつ状態と躁状態の2種類があります。

 

そのため気分障害とは
  • うつ病
  • 双極性障害

 

の2種類の病気を指します。

 

双極性障害とは気分がハイになる躁状態と気分が沈むうつ状態を繰り返す病気です。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

 

それではここから気分障害の治療法について解説します。

 

気分障害に対してどんな治療法があるの?

 

気分障害について

 

先ほども申しましたが気分障害は
  • うつ病
  • 双極性障害

 

のことを指します。

 

そのため気分障害の治療法となると
うつ病や双極性障害の治療法ということになります。

 

もし気分障害の中でもうつ病だと診断された場合には
お薬や臨床心理士などのカウンセリングのプロによる心理療法が
治療の中心となります。

 

抗不安薬

 

お薬としては
  • 抗不安薬
  • 抗うつ剤
  • 抗精神病薬

 

の3種類が中心です。

 

双極性障害

 

それから双極性障害の場合にはお薬が中心です。

 

お薬としては
  • 気分安定薬
  • 抗精神病薬

 

の2種類が中心となります。

 

具体的には
  • リチウム
  • バルプロ酸
  • カルバマゼピン
  • ラモトリギン

 

などのお薬を使用します。

 

双極性障害で使用するお薬についてはこちらの記事をご覧ください。

 

こちらも参考に!⇒双極性障害2型で使用するお薬は?

 

気分障害についてはさらに詳しく知りたい方はこちらの書籍をおすすめします。
気分障害ハンドブック [ S.ナシア・ガミー ]

 

スポンサードリンク

関連ページ

気分障害とは?
気分障害とはどんな病気でしょうか?わかりやすく解説しました。
気分障害の症状特徴は?
気分障害の症状特徴についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 症状 克服する方法 お薬