気分障害 症状特徴

気分障害の症状特徴は?

気分障害 症状特徴

 

ここでは気分障害の症状の特徴について解説します。

 

そもそも気分障害とはどんな状態なのでしょう?

 

気分の障害であって、『気分が落ちる』と言い切っていません。
そのため気分障害は気分が落ちる状態だけでなく気分が高まり過ぎる状態も含みます。

 

気分が異常に落ちる状態をうつ状態といい、
気分が異常に高まる状態を躁状態といいます。

 

うつ状態と躁状態を繰り返す病気を双極性障害、
うつ状態が続く病気をうつ病といいます。

 

したがって気分障害とは
  • うつ病
  • 双極性障害

 

の2つの病気を指すわけですね。

 

ここまで踏まえて気分障害の症状の特徴について解説します。

 

気分障害の症状の特徴とは?

 

気分障害の症状の特徴

 

先ほども申しましたが気分障害は
  • うつ病
  • 双極性障害

 

の2種類あります。

 

うつ病の症状の特徴

 

うつ病による気分障害だと以下の症状が2週間以上続くのが特徴です。

 

  • 1日中悲しい気持ちが続く
  • 以前まで大好きだったことに興味がわかない
  • お腹がすかないために体重が落ちる
  • 逆に食べ過ぎてしまい太ってしまう
  • 毎日ぐっすりと眠れない
  • イライラして焦ってしまう
  • すぐに体が疲れてしまう
  • 自分は誰からも必要とされていない人間だと思い込む
  • 集中力がなくなる
  • 将来を悲観し、死にたくなる

 

などです。

 

双極性障害

 

それから双極性障害による気分障害の症状の特徴は
うつ状態と躁状態を繰り返すところ
です。

 

うつ状態のときには、先ほどのうつ病の症状があらわれます。
それから躁状態のときには睡眠状態が少なくなるものの
体が疲れないところが特徴です。

 

それからイライラして周りに八つ当たりするなどの症状がでます。

 

以上が気分障害の症状の特徴です。

 

続いて気分障害の治療法について解説します。

 

こちらも参考に!⇒気分障害の治療法

 

気分障害についてはさらに詳しく知りたい方はこちらの書籍をおすすめします。
気分障害ハンドブック [ S.ナシア・ガミー ]

 

スポンサードリンク

関連ページ

気分障害とは?
気分障害とはどんな病気でしょうか?わかりやすく解説しました。
気分障害の治療法
気分障害の治療法についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 症状 克服する方法 お薬