適応障害 育児

育児が原因で適応障害になることってあるの?

旦那さんは朝早くから夜遅くまでお仕事。
だから奥さんは毎日朝から一人で赤ちゃんの育児に追われてしまいます。

 

育児

 

赤ちゃんの食事のお世話をしたと思ったら
ウンチやオシッコをして泣き出すのでオムツを交換し
ぐっすり寝てくれたら、その間に炊事、洗濯。

 

また赤ちゃんが泣き始めたら食事のお世話、またオムツの交換、
今度はお風呂に入れての繰り返し。

 

赤ちゃんが泣き始めても
「どうして泣いてるの?どうすればいいの?」と不安の連続です。

 

どう考えても育児ストレスで頭がおかしくなりそう。
お母さん自身の食欲がなくなり、何をするにしても億劫になってしまいます。
それで心療内科に行ってみたら適応障害だと診断される。

 

適応障害だと診断する医師

 

育児が原因でストレスを感じ適応障害になることはあります。
適応障害はこんな感じでストレスの原因がはっきり言えるうつ病に似た病気を言います。

 

適応障害になる原因は育児ストレスだけではありません。
他にも職場の人間関係や学校での人間関係、受験のストレスや恋愛関係、
病気への悩みなどなど、

 

とにかく、ストレスを感じる原因が特定されていて
そこから精神的に病んでしまう病気を適応障害と言います。

 

では適応障害になると具体的にどんな症状が出て来るのでしょうか?
詳しく解説しました。

 

適応障害とは?どんな症状がでるの?

 

また、「うつ病と適応障害って似てますよね!?違いは何ですか?」
と気になる方のために解説しました。

 

うつ病は適応障害と違うの?両者の明確な違いとは

 

 

スポンサードリンク

関連ページ

うつ病と適応障害の違い
うつ病は適応障害と違うのでしょうか?うつ病と適応障害の明確な違いについてわかりやすく解説しました。
適応障害とは?症状は?
適応障害とはどういう病気でしょうか?また適応障害になるとどんな症状がでるのでしょうか?わかりやすく解説しました。

トップ 目次 症状 克服する方法 お薬