ヒルナミン 中途覚醒 早朝覚醒

ヒルナミンは中途覚醒や早朝覚醒に効果があるの?

ヒルナミンは統合失調症のお薬です。
1960年代から使用されている大変古いお薬です。

 

ヒルナミン

 

ヒルナミンは古いお薬ですから統合失調症の治療薬として
最近ではあまり使用されていません。

 

とはいえ、ヒルナミンには眠たくさせる作用が強いお薬です。
統合失調症のお薬としての使用頻度は低いですが
早朝覚醒や中途覚醒で悩んでいる方にヒルナミンはよく使われます。

 

早朝覚醒とは寝つきはよいけど早朝に目が覚め
その後、寝ることができない状態をいいます。

 

中途覚醒とは寝つきはいいけど、深夜に何度も目が覚めてしまう状態です。

 

ではどうしてヒルナミンは早朝覚醒や中途覚醒に効果があるのでしょうか?

 

ヒルナミンが早朝覚醒や中途覚醒で使用される理由とは?

 

ヒルナミン

 

ヒルナミンは脳の働きを抑える作用が強いです。
たとえばヒルナミンは目覚めに関係するヒスタミンという物質の働きを邪魔します。

 

だから寝ている途中に目が覚める確率を下げることができます。
あと、ヒルナミンはセロトニン受容体の活動を邪魔します。

 

セロトニン受容体を邪魔すると深い眠りに入りやすいことがわかっています。

 

したがってヒルナミンを飲むと早朝覚醒や中途覚醒が改善される可能性が高くなるわけです。

 

ヒルナミン

 

「ヒルナミンを飲んでも睡眠途中に効果がなくなるんじゃないの?」
と思われた方もいるかもしれません。

 

ですがヒルナミンはお薬を飲んで1〜4時間程度で効き始め
お薬の作用がなくなるのに約半日かかります。

 

つまり、夜寝る前にヒルナミンを飲むことで
睡眠途中にお薬の効果がきれて目が覚めるということは考えにくいです。

 

したがってヒルナミンは中途覚醒や早朝覚醒に利用できるお薬といえますね。

 

睡眠障害に悩んでいる方におすすめの書籍はコチラです
ササッとわかる「睡眠障害」解消法 [ 井上雄一 ]

 

こちらも参考に!⇒早朝覚醒の治療法

 

ヒルナミンは中途覚醒や早朝覚醒に効果があるの?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スポンサードリンク

関連ページ

早朝覚醒の治し方
早朝覚醒の治し方について解説しました。
デパスは早朝覚醒に効果があるの?
デパスは早朝覚醒に効果があるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
早朝覚醒の4つの対処法
早朝覚醒の4つの対処法についてわかりやすく解説しました。
早朝覚醒の治療法
早朝覚醒の治療法について詳しく解説しました。
妊娠初期に早朝覚醒が起こる原因は?
妊娠初期に早朝覚醒が起こる原因についてわかりやすく解説しました。
中途覚醒とは?
中途覚醒とはどんな症状をいうのでしょうか?わかりやすく解説しました。
中途覚醒の原因は?
中途覚醒の原因についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 症状 克服する方法 お薬