早朝覚醒 治療

早朝覚醒の治療法

早朝覚醒の治療法について解説します。

 

早朝覚醒

 

「早朝覚醒」とは起きたい時間の2時間前に目が覚めてしまい、
その後2度寝ができないことです。

 

このようなことが週に2回以上あり1か月以上続く不眠の病気です。

 

「早朝覚醒」には大きく2つに分けられます
  • 老人性の加齢によるもの
  • 鬱病による頭の機能低下や血行障害

 

の2つです。

 

「早朝覚醒」の原因は
  • 眠りが慢性的に浅い
  • 体内時計のサイクルが短い
  • 精神的な要因

 

などが考えられます。

 

「早朝覚醒」の治療法は睡眠導入剤です。

 

睡眠導入剤

 

年齢を重ねるとメラトニンが脳下垂体から分泌されにくくなります。
メラトニンは眠たくなる物質です。
だからメラトニン不足になると睡眠を持続することが出来なくなります。

 

メラトニン物質を含んでいる睡眠導入剤を服用して改善をはかります。

 

その他の早朝覚醒の治療法

 

高照度光療法

 

早朝覚醒 治療法

 

2500ルクス以上の光を浴びる治療です。
夕方の眠気が強い時間帯に光を浴びて体内時計のサイクルを伸ばします。

 

寝るお部屋の改善

 

遮光カーテン

 

朝日が入らない工夫ををしましょう。
たとえば、遮光カーテンにして光が部屋に入らないような工夫をしてみましょう。
1級遮光カーテン 11サイズ 903

 

セロトニンを増やす

 

セロトニンは眠たくなる脳内物質です。
たとえばリズム感のある運動なら飽きにくく長続きしそうですね。

 

リズム運動はセロトトニンが増加し、それから、メラトニンに生まれ変わり
眠りが深くなり早朝覚醒がしにくくなります。

 

中高年になると運動が大切ということです。
リズミカルな無理しない程度の自分に合った運動を続けて下さい。
きっと質の良い睡眠が得られ「早朝覚醒」が少なくなります。

 

こちらも参考に!⇒早朝覚醒の4つの対処法

 

早朝覚醒の治療法」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スポンサードリンク

関連ページ

早朝覚醒の治し方
早朝覚醒の治し方について解説しました。
デパスは早朝覚醒に効果があるの?
デパスは早朝覚醒に効果があるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
早朝覚醒の4つの対処法
早朝覚醒の4つの対処法についてわかりやすく解説しました。
ヒルナミンは中途覚醒や早朝覚醒に効果があるの?
ヒルナミンは中途覚醒や早朝覚醒に効果があるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
妊娠初期に早朝覚醒が起こる原因は?
妊娠初期に早朝覚醒が起こる原因についてわかりやすく解説しました。
中途覚醒とは?
中途覚醒とはどんな症状をいうのでしょうか?わかりやすく解説しました。
中途覚醒の原因は?
中途覚醒の原因についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 症状 克服する方法 お薬