早朝覚醒 対処

早朝覚醒の4つの対処法

早朝覚醒は睡眠障害の一つで、
寝つきはいいけど早朝に目が覚めてしまう状態を指します。

 

早朝覚醒

 

睡眠障害には早朝覚醒以外にも
  • 入眠困難
  • 中途覚醒

 

があります。

 

入眠困難は寝つきが悪い状態で
中途覚醒は早朝覚醒よりももっと早い時間帯、たとえば深夜の2時などに
目が覚めてしまう状態です。

 

この記事では早朝覚醒を改善するための4つの対処法をご紹介します。

 

早朝覚醒を改善するための4つの対処法とは?

 

メラトニン対策をする

 

メラトニン

 

メラトニンは眠たくなるホルモンの一種です。
年をとったり、ストレスを感じたりすることでメラトニンの分泌量が減ってしまいます。

 

その結果、早朝覚醒を引き起こすことがあるのです。

 

メラトニンはGABAという物質を体に摂りいれることで増やすことができます。
GABAは食事やサプリメントで摂取することが可能です。
ギャバ GABA 750mg 100粒(ベジタリアンカプセル)[サプリメント/健康サプリ/サプ…

 

朝は強い光を浴びないでください

 

早朝覚醒

 

朝寝ぼけているときに太陽の光などの強い光を浴びてしまうと
体内時計がリセットされ、そこから1日が始まったと錯覚してしまいます。

 

どういうことか?というと、たとえば早朝覚醒が原因で早朝5時に目が覚めたとします。

 

早朝5時に太陽光を浴びてしまうと
体は朝5時が1日のスタートだと錯覚してしまいます。

 

すると、普段は夜12時に寝ていた方でも、夜8時には眠たくなってしまい
さらに早朝覚醒がひどくなってしまう可能性があるのです。

 

とはいえ、「うちは朝になったら太陽光が窓から入ってくるからどうしようもありません」
と愚痴をいいたくなる方もいるでしょう。

 

そんな場合には遮光カーテンを買いましょう。
一切の明かりが部屋に入ってこないように工夫して
早朝に目が覚めたとしても太陽光を体に浴びないようにしましょう。
オーダーカーテン/遮光率99.99% 選べる32色 無地の防炎1級遮光カーテン

 

あとは朝、目が覚めた瞬間に遮光性の強いサングラスをかけることもおすすめです。

 

遮光性の強いサングラスは偏光サングラスといいます。
こういったものが遮光性が強いですよ。
SightMaster(サイトマスター)偏光サングラスKINETIC BLUE PRO

 

夕日を浴びましょう

 

夕日を浴びる

 

朝は太陽の光を浴びないようにいいました。
でも夕方は太陽の光などの強い光を浴びましょう。

 

夕方に太陽の光を浴びることで、夜眠くなる時間を遅くすることができます。
その結果、朝目覚める時間も遅くなる関係で早朝覚醒を改善することにつながるわけです。

 

いっぱい運動しましょう

 

運動

 

運動をしてストレスを解消し疲れましょう。

 

疲れたほうがよく眠れます。
その結果、早朝覚醒が改善する可能性が高くなります。

 

以上で早朝覚醒を改善する4つの対処法についての解説を終わります。

 

こちらも参考に!⇒早朝覚醒の治し方

 

スポンサードリンク

関連ページ

早朝覚醒の治し方
早朝覚醒の治し方について解説しました。
デパスは早朝覚醒に効果があるの?
デパスは早朝覚醒に効果があるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
早朝覚醒の治療法
早朝覚醒の治療法について詳しく解説しました。
ヒルナミンは中途覚醒や早朝覚醒に効果があるの?
ヒルナミンは中途覚醒や早朝覚醒に効果があるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
妊娠初期に早朝覚醒が起こる原因は?
妊娠初期に早朝覚醒が起こる原因についてわかりやすく解説しました。
中途覚醒とは?
中途覚醒とはどんな症状をいうのでしょうか?わかりやすく解説しました。
中途覚醒の原因は?
中途覚醒の原因についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 症状 克服する方法 お薬