風邪 倦怠感

風邪になると倦怠感がでる原因は?治す方法は?

風邪をひくと、喉の腫れ、咳、鼻水、くしゃみ
発熱と共に身体の倦怠感が現われてきます。

 

風邪による倦怠感

 

発熱や倦怠感は風邪の原因となるウイルスと闘っているために起こる症状です。
「そもそも倦怠感の意味がわかりません」という方はこちらの記事をご覧ください。
倦怠感とは?

 

ウイルスから体を守るために「サイトカイン」という物質が分泌されます。
しかし過剰に作りすぎてしまうことがあります。
サイトカインが過剰だと身体の色々な機能がダメージを受けてしまうのです。

 

風邪による倦怠感

 

「サイトカイン」は多く作りすぎると色々な臓器が機能不全となってしまいます。
それを阻止するために「PGE2」が分泌されます。

 

「PGE2」は「プロスタグランジンイーツー」と読みます。
PGE2は関節痛や発熱を引き起こす作用があります。

 

風邪を引くと倦怠感・発熱・関節痛などの異常が起きているのではなく、
身体の免疫細胞たちが風邪のウイルスと闘っているために起こる症状なのです。

 

風邪薬や鎮痛剤を処方してもらい服用するよりも、
自然の免疫細胞の力を信じて安静に休養をとってみましょう。

 

そのほうが風邪の治りが早くなることもあります。

 

ウイルス

 

例えば発熱はウイルスと闘っているためです。
体温を上げることで免疫能力が高くなりウイルスを排除しようとしています。

 

薬で熱を下げることはそれらの一連の戦いを阻止していることになります。
風邪は1週間程度で治るのが一般的です。
症状がひどくなるときは病院で診察を受けてください。

 

こちらも参考に!⇒なぜ風邪をひくと頭痛がするの?

 

風邪になると倦怠感がでる原因は?治す方法は?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スポンサードリンク

関連ページ

倦怠感とはどういう感覚なの?
倦怠感とはどういう感覚なのでしょうか?わかりやすく解説しました。
糖尿病で倦怠感が起こる原因は?
糖尿病で倦怠感が起こる原因についてわかりやすく解説しました。
糖尿病になると倦怠感が起こるメカニズムは?
糖尿病になると倦怠感が起こるメカニズムについてわかりやすく解説しました。
頭痛で倦怠感が起こる原因は?
頭痛で倦怠感が起こる原因についてわかりやすく解説しました。
朝倦怠感を感じる原因は?
朝倦怠感を感じる原因についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 症状 克服する方法 お薬