糖尿病 倦怠感 原因

糖尿病で倦怠感が起こる原因は?

倦怠感

 

「体がだるくて、すぐに疲れてしまう」
「前日よく寝ていないからかな倦怠感を感じる」

 

こんな感じで、倦怠感を感じるならもしかしたら糖尿病を発症しているかもしれません。

 

「そもそも倦怠感って何?」とよくわからない方は
こちらの記事をご覧ください。
倦怠感とは?

 

糖尿病は血糖値が異常に高くなる病気ですが生活習慣病の一つです。

 

つまり糖尿病は日々の生活習慣が原因で発症する病気だということです。
現在、糖尿病の患者さんの数は900万人くらいいると言われています。

 

この記事ではなぜ糖尿病になると倦怠感を感じるのか?原因について解説します。

 

糖尿病になると倦怠感を感じる原因は?

 

倦怠感

 

糖尿病は血糖値が異常に上がる病気です。
もう少し糖尿病について細かく考えてみましょう。

 

私たちが甘いものを食べると消化されブドウ糖に変わります。
そして全身の細胞に入り、エネルギーにかわり私たちは生きているのです。

 

ただすい臓から分泌されるインスリンというホルモンがないと
ブドウ糖は細胞に中に入っていけません。

 

糖尿病になるとインスリンの分泌量が減るか
あるいはインスリンが分泌されても、うまく作用できないかどちらかの状態になります。

 

その結果、ブドウ糖が細胞の中に入っていけません。
血糖値は細胞の中に入っていない、血液を流れているブドウ量の量を測ったものです。

 

だから糖尿病になると血糖値が上がるわけです。

 

ともあれ糖尿病になりインスリンがうまく機能しなくなり
ブドウ糖が細胞内に入っていかなくなるわけです。

 

そうするとブドウ糖がエネルギーに変わりません。
エネルギー不足になるわけです。

 

ガソリン不足

 

たとえば車にとってエネルギーはガソリンです。
ガソリン不足になったらどうなります?動かなくなりますね。

 

これと同じで糖尿病になりエネルギー不足になると
体がすぐに疲れてしまいます。これが糖尿病になると倦怠感がでる原因です。

 

最後にまとめますと

 

糖尿病になる

 

↓ ↓ ↓

 

インスリン不足になる

 

↓ ↓ ↓

 

細胞内にブドウ糖が入っていかない

 

↓ ↓ ↓

 

エネルギー不足になる

 

↓ ↓ ↓

 

体が疲れやすくなる

 

↓ ↓ ↓

 

倦怠感

 

ということです。

 

倦怠感に苦痛を感じているならこちらの書籍をおすすめします
動悸・息切れ・倦怠感 [ 信藤幸雄 ]

 

こちらも参考に!⇒倦怠感とはどういう感覚なの?

 

糖尿病で倦怠感が起こる原因は?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スポンサードリンク

関連ページ

倦怠感とはどういう感覚なの?
倦怠感とはどういう感覚なのでしょうか?わかりやすく解説しました。
風邪になると倦怠感がでる原因は?治す方法は?
風邪になると倦怠感がでる原因や治す方法についてわかりやすく解説しました。
糖尿病になると倦怠感が起こるメカニズムは?
糖尿病になると倦怠感が起こるメカニズムについてわかりやすく解説しました。
頭痛で倦怠感が起こる原因は?
頭痛で倦怠感が起こる原因についてわかりやすく解説しました。
朝倦怠感を感じる原因は?
朝倦怠感を感じる原因についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 症状 克服する方法 お薬