気分変調性障害 治療法

気分変調性障害の治療法

気分変調性障害 治療法

 

気分変調性障害は1日ずっと気分が落ちているという
つらい症状が2年以上続く慢性的な病気のことです。

 

さらに詳しい気分変調性障害の症状については
こちらの記事をご覧ください。
気分変調性障害の症状は?

 

それから気分変調性障害の原因は3つあります。

 

気分変調性障害の原因は
  1. 遺伝
  2. 環境
  3. 本人の性格

 

の3つです。

 

詳しい解説はこちらの記事でご確認ください。
気分変調性障害を起こす3つの原因とは?

 

この記事では気分変調性障害の治療法について解説します。

 

 

気分変調性障害の治療法について

 

抗うつ剤

 

気分変調性障害の治療法は飲み薬が基本です。
具体的には抗うつ剤で治療します。

 

気分変調性障害はうつ病と症状が似ているため
抗うつ剤が有効なのです。

 

気分変調性障害で使用するお薬としては
  • 三環系抗うつ剤
  • SSRI
  • SNRI

 

に属するお薬です。

 

ぐっすり眠れない方には睡眠導入剤が処方されることもあります。

 

気分変調性障害の場合、上記のお薬に加えて心理療法も行います。

 

心理カウンセリング

 

心理カウンセラーと信頼関係を構築しながら
患者さんの不安を解消させるように治療していきます。

 

最後にまとめますと気分変調性障害の治療法は
  1. 抗うつ剤
  2. 心理療法

 

の2つです。

 

こちらも参考に!⇒気分変調性障害を起こす3つの原因とは?

 

スポンサードリンク

関連ページ

気分変調性障害の症状は?
気分変調性障害の症状についてわかりやすく解説しました。
気分変調性障害を起こす3つの原因とは?
気分変調性障害を起こす3つの原因についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 症状 克服する方法 お薬