気分変調性障害 原因

気分変調性障害を起こす3つの原因とは?

気分変調性障害 原因

 

うつ病と似た病気に気分変調性障害があります。
気分変調性障害はうつ病と似ていますが違いもあります。

 

まず気分変調性障害とうつ病の共通点としては
どちらも抗うつ剤で治療できるところ
です。

 

逆に気分変調性障害とうつ病の違いとしては

 

気分変調性障害は
  • うつ症状が落ち着くことがある(気分反応性)
  • 夜が近づくと症状が悪化する

 

ところがうつ病と違います。

 

この記事では気分変調性障害の原因について解説します。

 

 

気分変調性障害の原因3つとは?

 

遺伝

 

遺伝

 

気分変調性障害だと診断された方の家系を調べると
親がうつ病と診断されていることが多いです。

 

また気分変調性障害の患者さんの兄弟も
同じく気分変調性障害になりやすいことがわかっています。

 

このことから気分変調性障害は遺伝が関係していると言われています。

 

環境的な問題

 

交通事故

 

たとえば両親が交通事故に遭って命を落としたとか
受験勉強に失敗したとか、周りからイジメられたなど
周りの影響で、気分変調性障害を発症することがあります。

 

特に長期的に気持ちが滅入る要因があればあるほど
気分変調性障害になりやすいです。

 

たとえば受験に失敗しても
妥協して別のところを受験して合格すれば
気分変調性障害にならずに、元気に日常生活を送ることができます。

 

でも両親が交通事故で亡くなってしまうと
一生、気持ちを引きずってしまうので
気分変調性障害になりやすくなります。

 

性格的な問題

 

完璧主義

 

たとえば完璧主義な性格をしていたら
少しでもうまく物事が進まないだけでも
精神的に病んでしまいます。

 

その結果、気分変調性障害を発症しやすくなります。

 

他にもクヨクヨしやすい性格であっても
気分変調性障害を発症しやすいでしょう。

 

以上で気分変調性障害を引き起こす3つの原因についての解説を終わります。

 

こちらも参考に!⇒気分変調性障害の治療法

 

気分変調性障害を起こす3つの原因とは?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スポンサードリンク

関連ページ

気分変調性障害の症状は?
気分変調性障害の症状についてわかりやすく解説しました。
気分変調性障害の治療法
気分変調性障害の治療法についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 症状 克服する方法 お薬