自傷行為 落ち着く

なぜ自傷行為をすると落ち着くの?

自傷行為

なぜ自傷行為をすると落ち着くのでしょうか。

 

辛いこと・逃げ出したい事・叫びたい事
その場から消えてしまいたくなる場面。

 

誰でも経験があります。

 

辛いこと、嫌なことを我慢するには、
限界があります。
それを超えてしまうと、
人は何らかの方法で、
その辛さから逃れようとします。

 

  • お酒を飲む
  • カラオケに行く
  • 買い物をする

 

その一つの方法として、
自傷行為があります。

 

しかしなぜ、
自分を傷つけて血を出して、
その方法で本当に辛さから解消できるのでしょうか。

 

自傷行為は、
自分を傷つけることに快感があり、
生きていると実感し、
幸せを感じることが出来るのです。

 

身体に傷を負った際に、
「β―エンドルフィン」
という痛みを和らげる物質が出て、
「気持ち良い」
と感じます。
本人もリストカットすることにより、
落ち着くことが出来るのです。

 

今のこの辛い現状から逃げ出したいという、
生きていくための、
1つの手段なのです。

 

手首ということで、
死につながり、
怖い行為と考える人がほとんどです。

 

一つ間違えると、
死につながる行為かもしれません。

 

回りに、
自傷行為をしている人がいれば、
決めつけたり批判したりしないで、
彼らの話を傾聴することから始めてください。

 

自傷行為は恥ずべき秘密ではありません。

 

あと、自傷行為についてイメージがわきにくい方のために
3つの具体的事例をご紹介します。

 

↓ ↓ ↓

 

3つの具体例から自傷行為について考えてみた

 

スポンサードリンク

関連ページ

子供にある分離不安障害
子供によく見られる分離不安障害ってどんな病気なのか?わかりやすく解説しました。
大人にも分離不安障害はあるの?
分離不安障害は子供に起こりやすい病気ですが、大人にも起こるのかどうか?わかりやすく解説します。
18人が過呼吸になった原因は?
女子高生18人が過呼吸になった事件がありました。過呼吸の原因について解説します。
不安神経症に運動はダメ?
不安神経症は運動をすれば症状が悪化してしまうのか?それともよくなるのか?わかりやすく解説しました。
不安神経症を克服
不安神経症を克服するために何に挑戦したらよいのか?わかりやすく解説しました。
自傷行為の3つの具体例
3つの具体例から自傷行為について検討していきましょう。
パニック障害はセロトニンが原因?
セロトニンが原因でパニック障害が起こるという話は本当なのでしょうか?わかりやすく解説しました。
幼児の分離不安障害
幼児が陥る分離不安障害の症状と、分離不安障害を放置していると将来どんな恐ろしいことが起こるのか?わかりやすく解説しました。
ピアスを開けると自傷行為?
ピアスの穴を開けるだけで自傷行為と言えるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
子供に過呼吸が起こる原因
子供の過呼吸が起こる原因についてわかりやすく解説しました。
子供の過呼吸の対処法
子供に過呼吸が起きたらどう対処すればよいのでしょうか?動画も加えて解説しました。

トップ 目次 症状 克服する方法 お薬