予期不安とは パニック障害

予期不安とは?パニック障害との関連性

予期不安とは パニック障害

 

予期不安とは「また前みたいに急に目の前が真っ暗になって
バタンと倒れてしまったらどうしよう・・・」といった感じで
先のことが不安になる症状をいいます。

 

パニック障害の症状の一種です。

 

パニック障害には3大症状があります。

 

パニック障害の3大症状とは
  1. パニック発作
  2. 広場恐怖
  3. 予期不安

 

のことです。

 

この記事ではもう少し予期不安とはどんな症状なのか?
パニック障害とからめて解説したいと思います。

 

予期不安とはどんな症状なの?パニック障害との関係性

 

予期不安とはどんな症状

 

先ほども申しましたが予期不安はパニック障害の症状の一つです。
他にもパニック障害の症状として広場恐怖とパニック発作があります。

 

で、パニック発作とは突然起こる動悸や息切れ、
強い不安の症状がでることで、
パニック障害の症状の中でも中心的な症状です。

 

電車の中でパニック発作

 

たとえばあなたが会社員や学生だったとして
電車の中でパニック発作が起きたとします。

 

突然満員電車の中で「ハーハー」と目の前が真っ暗になり
立ちくらみしながら激しい動機と息切れ不安の症状が出た
としたら・・・

 

おそらくずっと、頭の中から電車の中でのつらい経験を忘れることができなくなるでしょう。

 

そして「また電車の中で立ちくらみや強い不安に襲われたらどうしよう・・・」
と不安な気持ちになってしまうわけです。
これが予期不安です。

 

誰でも予期不安みたいな感情になることはあります。

 

予期不安

 

たとえばあなたが100人の知らない人の前で
スピーチすることになったらどんな感情になるでしょうか?

 

おそらく「みんなに笑われたらどうしよう」
とか、「発表内容を忘れてしまったらどうしよう」といった不安です。

 

ただ、これくらいの不安なら
パニック障害の症状としての予期不安ではありません。

 

予期不安としての症状なら
「心臓の鼓動が激しすぎてそのまま心臓が止まって死んでしまうかも」
とか「腹痛で、ゲボゲボ嘔吐したり
ブリブリ下痢をその場で出してしまうかもしれない。
どうしよう」くらいの強い不安です。

 

つまり予期不安とは以前に起きた精神的な強い症状を思い出し、
また同じような症状が起きるのではないか?と不安になる症状のことです。
予期不安はパニック障害の症状の一つです。

 

こちらも参考に!⇒パニック障害とは?

 

スポンサードリンク

関連ページ

予期不安で使うお薬は?
予期不安で使うお薬についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 症状 克服する方法 お薬