サラリーマン うつ病 克服 社会復帰

スポンサードリンク

転落サラリーマンがうつ病を克服して社会復帰するまでの道のり

うつ病克服に成功し社会復帰できた妻子持ちのサラリーマンです。

 

残業続きでうつ病になった男性

私が勤めていた会社は3日徹夜勤務は当たり前、

食事もトイレも風呂もまともに行くこともできませんでした。

 

当時、残業代というのもが発生することさえ知らず
今考えたら、「これがブラック企業だったのか・・・」
と思い返しただけで恐ろしい気持ちになります。

 

 

 

こんな感じで労基法をの「ろ」の字さえない会社で働いていると
精神がおかしくなってしまいます。

 

家族には八つ当たりしてしまうし
家に帰れてもイライラが限界で食事が喉を通りません。

 

ひどいときには勢い余って
食事中、割りばしを「ボキッ」と折ってしまうことさえありました。

 

 

医師の診察を受けるうつ病患者

これが大企業で働くサラリーマンなら

常駐のお医者さんに相談することもできるでしょう。

 

ですが、中小企業のサラリーマンは
身近に相談できるお医者さんはいません。

 

もちろん、休みもないので心療内科に行く暇もありません。

 

そのため、精神的にどんどん追い込まれていき
うつ病がひどくなっていきました。

 

妻から説教

妻からも、

情けない人だね。会社を休むなんてさ
と屈辱的なことばかり言われていました。

 

 

でも、「これ以上この会社で働いてたら命がもたない」
と思い退職を決意。

 

 

その後、うつ病の本を読んだり病院に通っていくことで
うつ病を克服することができました。

 

そして、新しい職場で働くことが出来ています。

 

 

うつ病を発症して、よくわからない不安や焦りがでて
仕事をする精神状態でないなら

 

  • 仕事を辞める
  • 辞めるのを覚悟で仕事を休む

 

くらいの覚悟が必要です。

 

それくらい会社の理解は少ないです。

 

 

ですが、そこまでひどい状態になる前に気づくことができれば・・・

 

うつ病を克服するための対策を考え実践し
お仕事を辞めることなく、社会復帰も可能です。

 

 

当サイトでは、うつ病のつらい症状を改善し
社会復帰できるようお手伝いするために
作成しました。

 

ぜひ、目次を参考に
記事を読み進めていただければうれしいです。

 

↓ ↓ ↓

 

目次はこちら

スポンサードリンク


トップ 目次 症状 克服する方法 お薬